カードローンの在籍確認はどのようなものか

カードローンとは消費者金融の1つであり、設定された限度額の範囲内であれば、カードを用いて現金自動支払機から何度でも借り入れを行うことができます。比較的安易なイメージを抱きがちですが、カードを発行するには必ず審査が必要となります。審査には勤務先を申告しなければならず、後日在籍確認として勤務先へ連絡が入ることが一般的です。在籍確認とはその名の通り、申告通りに間違いなく本人が勤務しているかどうかを確認することです。中にはすでに退職した会社の名前を記入する人もいるようで、そのような虚偽の申告では正確に審査をすることができません。在籍確認の重要性は理解していても、勤務先に連絡が入るということは上司や同僚にカードローンのことが知られてしまう可能性が生じてしまいます。できれば誰にも知られたくないと考えることが普通の感覚であり、勤務先にまで連絡が入ることを好む人は少ないでしょう。
しかしそのような事情はカードローンを扱っている銀行や業者も理解していることが多く、通常は在籍確認であれこれと質問されるようなことはありません。本人が電話に出たら氏名を確認される程度で、それ以上の情報を求められることは考えにくいです。仮に本人が休みや外出などで不在の場合は、後日改めて電話を掛け直してくることが多く、他者へ余計な情報を漏らす心配は不要といえます。いくら上司や同僚にカードローンのことを知られたくないからといって、銀行や業者へ嘘の銀行名や社名を名乗ってほしいとお願いすることはできません。嘘をついて名乗ることは法律違反になってしまうため、銀行や業者もそのような依頼を承諾することはありません。
カードローンの在籍確認となると必要以上にナーバスになって不安を抱く人も多いかもしれませんが、実際は銀行や業者も第三者へ知られないように配慮をしてくれることが多いです。だからといって、軽い気持ちでカードローンを行ってしまうと取り返しのつかない事態に陥ってしまう可能性もあるため、慎重になることが重要です。