カードローンとは使いみちが自注なお金を借りられるローン

カードローンとは、銀行などが提供するローンの一つです。銀行で利用できるローンには、住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなどがあります。これらとカードローンが違うところは、使用目的が決められていないことです。住宅ローンで借りたお金は、マンションや一戸建てなど住宅を購入するために使わなければいけません。自動車ローンなら自動車、教育ローンなら子どもの教育費と、あらかじめ使用目的が決められています。しかし、カードローンは使用目的が決められておらず、借りたお金を好きに使って構いません。借りたお金を生活費の足しにしたり、海外旅行の旅費、習い事のレッスン料、ブランド品の購入などなど、好きなことに使って良いのです。つまり、カードローンとは目的を限定されない、使いみちが自由なお金を借りることができる方法と言えます。
同じように使いみちが自由なお金を借りる方法には、キャッシングがあります。カードローンとキャッシングは基本的に同じですが、厳密には違いがあります。たとえば、カードローンは分割返済が前提ですが、キャッシングは一括返済が基本です。しかし、最近はカードローンでも一括返済可能ですし、キャッシングでも分割で返済することができます。(おすすめカードローンならココ両者の違いはほとんどないので、全く同じと思っていても問題ないでしょう。とはいえ、カードローンで大切なことは、計画性です。生活費や旅費など使いみちは自由でも、利息のつく借金であることに変わりありません。毎月返済期日が設定され、期日までに支払いができなければ、遅延損害金が発生します。申し込みをするときは、金利の低い銀行を選んだり、借入の前には支払金額を確認しておきましょう。カードローンとは、計画を立て適切に使用していれば、緊急でお金が必要になったときには便利なサービスです。しかし、使いみちを間違えてしまうと生活を破綻させかねないので、計画を立て無理のない範囲で利用しましょう。