カードローンとは無担保で保証人不要で借入できるローン

カードローンとは、ローン用のカードを利用して借入ができるローンです。原則として、不動産等の担保を提供する必要がなく、保証人を付けずに、申込者の信用で借入ができるのも大きな特徴です。申込者の信用で貸付の可否を決めるため、状況を審査するために申し込み書類と合致しているか、信用情報機関で他の借入や分割契約の状況を閲覧し、期日を守って返済ができているか、十分な収入があると判断できるか、利用歴に問題はないか等を見て、多角的に判断されます。審査で否決されることもありますし、契約を認められても、希望した借入額に届かないこともあります。

審査落ちする方に多いのは、不相応な借入額を望んだ場合や、支払いの遅延が度々見られること、2、3ヶ月以上の滞納があること等があります。また、勤務期間を重視する場合は、就職してから半年以下の勤務歴や起業して3年未満の個人事業主の場合は、落とされることもありますし、月々の収入がある場合も、年間の収入額が100万円くらいの場合は足切りの対象となることもあります。カードローンには、銀行系と貸金業系があります。銀行系のカードローンの方が金利が低く総支払額が少なく済み、比較的多額の借入が可能になる場合があるというメリットがありますし、総量規制が適用されないため、専業主婦や年金生活者のように職業に就いていない方でも借入ができることがあります。ただ、金利が低い分、審査が厳しい場合がありますし、即日での借入も平日以外は難しいことが多いでしょう。一方、貸金業系のカードローンは金利が総じて高めで、総量規制があり、全ての借入額を合算して年収の3分の1までしか借入ができません。また、信販会社と消費者金融に分かれますが、信販会社は借入の際に相談できるデスクが充実していても、幾分審査が厳しいことがあります。消費者金融の場合は、審査が柔軟に行われ、在籍確認の審査が難しい場合には、代替書類の提出が認められたり、限度額を低めにして収入が低めの方にも借入ができるよう対処したりすることもあります。個々の特徴により、借入先を考慮するといいでしょう。